住宅解体の流れ:総合解体工事のことならグランドワンにおまかせください!

個人のお客様へ住宅解体の流れ

home個人のお客様へ住宅解体の流れ

住宅解体の流れ

グランドワンの住宅解体工事の流れをご紹介します。

お客様よりお見積もり依頼

解体をご依頼されるときは、お客様のお名前、ご住所とお電話番号のほか、解体したい建物についてお客様がお分かりになる範囲でお伝え下さい。お伺いした内容を基に解体物件の現地調査を行います。

解体物件の現地調査・計測

実際に現場にお伺いさせていただき、解体物件の確認と周辺地域の調査を行います。近隣の方との距離や作業を行うスペース、道路幅や電線の有無、公道なのか私道なのかを調査させて頂き、詳しいお見積もりを提出いたします。

ご契約

現地調査と計測を行った上で、お客様に内容をご確認いただき、ご契約となります。また、トラブルを未然に防止するために、疑問点やご要望はご契約前にお伝え下さい。

建設リサイクル法における事前届出

解体建物の延床面積が80uを超える場合、建設リサイクル法による事前届出が義務付けられているため、各市町村の役所へ解体する旨を届け出る必要があります。また、区によっては、解体工事のお知らせ看板の設置や近隣説明会が事前に必要な場合もございます。その際もグランドワンにお任せ下さい。

近隣の方へ工事前のごあいさつ

工事着工前に近隣の皆様にごあいさつをして、解体工事について全体の概要と騒音や粉塵等に対するご理解をいただくためのご説明をさせて頂きます。私どもだけでもお伺いいたしますが、お客様にもごあいさついただければなお良いでしょう。

配線、配管の取外し依頼、不用品の処分

電気・ガス・水道・電話などの配線撤去を行います。不用品の処分は、専門業者による処分よりもお安く処分できることが多いためグランドワンにお任せ下さい。

解体工事着工

解体作業のための足場づくりや近隣にご迷惑を掛けないための養生を行い、 建物解体を行います。分別解体のために手作業で撤去を始め、その後、重機を使用して効率よく解体していきます。

産業廃棄物搬出

解体工事の分別作業で出た産業廃棄物を許可を得ている処理施設へ収集運搬します。解体工事のマニフェストに基づき、最終処分が適切に行われ、不法投棄されていないことをグランドワンでは必ず確認しています。

解体工事完了

お客様に現場をご確認いただき、解体工事完了となります。

建物減失登記

建物滅失登記を行ってください。この手続きを行うことで、建物にかかる固定資産税がなくなります。建造物の取壊し証明書を発行いたしますので、登記申請書に添付して司法書士にご提出下さい。もし、ご希望がございましたら司法書士をご紹介させていただきます。

グランドワンのお客様とのお約束(1)徹底した打ち合わせ(2)着工前に近隣の方にごあいさつ(3)整理整頓・現場管理を徹底(4)解体作業員のマナー管理を徹底(5)工事後も誠心誠意ご対応

ご相談はこちらから


Copyright(C)2008 Grandone.Corporation. All rights reserved.